読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これさえ聞いときゃ間違いない!今日の1曲

聞くものに悩んだらこれを聞け

【45曲目】Wherever There Is Money There Is Unforgiveness (Vatican Shadow,2016)

インストのダンスミュージックって、何となく曲調に合ってそうな穏便なタイトルをつける層(穏健派、大多数)、無意味な曲名をつける層(無政府主義派、Warp勢等)に大別されると思うんだけど、ここまでタイトルだけではっきりと主張するミュージシャンも珍しい…

【44曲目】Permission (Ro James,2016)

1992年生まれのソウルシンガー・Ro Jamesさんのデビューアルバムです。ふ〜んなかなか良いじゃん、と思って色々調べていたところ、彼女の叔母さんはPrinceのバックバンドであったNew Power Generationの一員だったそうで、なんと幼きRo James本人もPrinceと…

【43曲目】Ashes to Oceans (DJ Shadow, 2016)

はい、DJ Shadowです。出てきた頃はターンテーブルを持ったジミヘンドリクスだなんて言われてたわけですが、その後消えるわけでもなく、かといって目立つわけでもない何とも言えないポジション取りで、今作を含め7枚ものフルアルバムをリリースしています。…

【42曲目】Famous (Kanye West, 2016)

個人的な年間ベスト級のものがちらほら出てきているので、少し前のアルバムにはなりますが、ついでに前フリ的にこちらも。アメリカの超お騒がせ男の通算8枚目になりますアルバム、The Life Of Pabloより1曲。さすがにキャッチーなセレブリティだけあってここ…

【41曲目】Augustine (Blood Orange,2016)

はい、一昨日ストーンズ、昨日ビートルズと来て本日はBlood Orangeです。文脈とは破棄されるために存在しますね。さてBlood OrangeことDev Hynesさんは、私は未聴ですがTest Iciclesのメンバーとして2005年にデビュー、ソロとしてはこの名義以前にもLightspe…

【40曲目】Twist And Shout Live At The Hollywood Bowl (The Beatles,2016)

はい、昨日がストーンズだったので今日はビートルズ、じゃあ明日はビーチボーイズで次がキンクス、そんでもってモンキーズでその次は...と紹介していきたいわけですけど、もちろんそれはウソで、しかしながらこれはかなり久々にタイムリーなものを皆さんにご…

【39曲目】She's A Rainbow (The Rolling Stones,1967)

なんかこの曲を聞く機会が近頃多いような気がするので。StonesのShe's A Rainbowです。1967年のアルバム、Their Satanic Majesty Requestで最も有名な曲ではないでしょうか。このアルバムの有名な話としては、Beatlesのサージェントペパーズのパクり扱いされ…

【38曲目】A Hundred Ropes (Minor Victories,2016)

知らなかったけどホステスから国内版も出ておりますMinot Victroiesの今年の1st Albumより。ホステスいわく、「モグワイ、エディターズ、スロウダイヴのメンバーが集結したスーパー・バンド、マイナー・ビクトリーズがデビュー!」とのことで、ろくすっぽ記…

【37曲目】Doo Wop feat.キヨサク(Scott & Rivers,2016)

アメリカのパワーポップバンド・Weezerのメンバーであり、夫人は日本人であるリバース・クオモと、ALLiSTARでは日本語カヴァーを多く手がけ、ELLEGARDEN細美武士とMONOEYESというバンドまでやってるというScott Murphyが、日本語でロックをやるというコンセ…

【36曲目】North Marine Drive (Ben Watt,1983)

ネオアコ界の巨塔・Ben Wattさん、なんとBernard Butlerさんを引き連れての豪華な来日が決定したとのことでこの曲を聞きながら両名のご紹介をさっと読み流していただければ。まずBen Wattさんは元々はEverything But The Girlで現在のワイフであるTracey Tho…

【35曲目】 ...Just Another Kool Kat Out Looking For A Kitty (Kid606,2000)

サンフランシスコのIDMミュージシャン、KID606さんの2000年の3rd Album「GQ On The EQ」より一曲。ただ単純にIDMだというよりはグリッチやノイズっぽい要素も強かったりして、16年前という月日を感じさせないエバーグリーンな名曲が特に多いのがこのアルバム…

【34曲目】Going To The Moon (Triceratops,1998)

新譜以外の紹介が増えてきたらいよいよ様々な滞りが発生している証拠です。先日、ボーカルギターの和田唱さんが女優の上野樹里さんと結婚されましたトライセラトップスより、Going To The Moonを。和田唱さんと言えばイラストレーターの和田誠さんと料理研究…

【33曲目】Dirty Harry (Gorillaz)

懐かしいですね〜、ゴリラズ。2005年のセカンド・アルバム、Demon Daysより。いま思えばこのアルバムは非ブラックミュージックリスナーにとってのブラックミュージック入門に最適な1枚だったように思います。リリース時にかっこいいなとは思ってたけどそこま…

【32曲目】Ten Miles High (Róisín Murphy)

な、何者!?と思いましたがよくよく調べたら昨年のアルバム:Hairless Toysも私の年間ベスト候補に挙げながらぎりぎりで選外としておりましたRóisín Murphyさんの新譜です。正直言って、今のところ今年一番クラスの衝撃作だと思ってます。と言っても、非常…

【31曲目】Jump Hi (feat.Childish Gambino)

ミスアメリカ1984でグラミー賞受賞歴もあるR&Bシンガーで女優のヴァネッサ・ウィリアムズさんの娘さんであるジリアン・ハーヴィさんと、マルチインストゥルメンタリスト・プロデューサーのルーカス・グッドマンさんのデュオでありますLION BABEのデビュー・…

【30曲目】Dopamine (DIIV)

爽やか〜〜!!DIIVと書いてダイヴと読みます彼らの、2012年のデビュー以来通算2枚目のアルバム「Is The Is Are」より一曲。全然知らなかったのですが、彼らのフロントマンは元Beach Fossilsの元メンバーだそうですよ。そう聞くとこのサウンドも納得です。さ…

【29曲目】Crater Hand (Crater)

シアトルのエレクトロポップデュオのデビューアルバム「Talk To Me So I Can Fall Asleep」より一曲。なんだかドリームポップみたいなアルバムタイトルですが、その実ドリームポップよりはもう少し陰鬱な夢を見そうな曲調が並びます。また、エレクトロポップ…

【28曲目】Dust (Alex Smoke)

これは良質なエレクトロニカですね。今年リリースのアルバム:Love Over Willより1曲。昨年の来日に伴い、なんと日本語のインタビューが存在したのでそちらの引用で紹介と換えさせていただきます(手抜きじゃないもん!)。今年も来日してくれませんかねー。…

【27曲目】Reformer (feat.Empress Of) / Darkstar

ロンドンのエレクトロニック・デュオと言われていますが個人的にはIDMのフィーリングを感じたりもします、DarkstarのEPです。昨年にフル・アルバムが出ており、そして次のアルバムの製作へと取り掛かる前に出されたのがこのEPだそうで、その中からニューヨー…

【26曲目】美しいこと(AJICO)

昨日に引き続き懐かしいのを。UA+ベンジー+TOKIE+椎野恭一からなるAJICOです。一枚のスタジオアルバムとライブアルバム、そしていくつかのシングルを発表し、ツアーもやってスパっと終わったバンドですが、未だにちょくちょく聴いてます。またこのライブアル…

【25曲目】I Love You 'Cause I Have To (Dogs Die In Hot Cars)

たまにはこういうのを。ああ〜こういう人らいたなー!みたいなの久々に思い出して聴いてみる、的なシリーズを始めようと思います。この曲はたしかFM802のヘビーローテションになってて聴いた覚えがあります。2003年とかかな。たしかこの頃はポスト・パンク?…

【24曲目】VRY BLK ft.NoName (Jamila Woods)

このブログも、はや20日以上連続更新を続けられているわけですが、その代償として、特に近日に顕著ですが、クオリティがひどくなってきてる。別に連続で更新し続けるべく始めたわけではないし、ましてや新譜ばかり紹介するつもりも毛頭なかったのですが、意…

【23曲目】Ambulance (The Amazing)

2009年デビューのスウェーデンのインディ・ロックバンドで、本作以前に3枚のフルアルバムがあるそうです。スウェーデンってポップスとメタルしかないイメージなんでしたがこういう人らもいるんですね。サイケフォークとも言われるそのサウンドは、音作り的と…

【22曲目】湘南が遠くなっていく(七尾旅人)

皆さん。9月です。夏が終わります。悲しいですね。今年の夏はどうでしたか?そうですか。さて、七尾旅人さんは、2004年のアルバム「ヘヴンリィ・パンク:アダージョ」の「最終電車で海へ行こう」で湘南に向かい、8年後のアルバム「リトルメロディ」に収録さ…

【21曲目】Are You What You Want To Be? (Foster The People)

2014年のFoster The Peopleの2ndアルバムより。曲名からもわかる通り、聞く度に身につまされます。このアルバムでは、この曲が1曲目なのですが、2曲目のAsk Yourselfもかなりストレートに身につまされます。さて、彼らといえば、Pumped Up Kicksがスマッシュ…

【20曲目】Summers Day (Wunder Wunder)

夏が終わる。皆さんは夏らしいことの一つや二つはしましたか?私はしていません。何もしていないのに小学生頃の夏休みより早く過ぎ去っていきます。そもそも、夏とは?どこにあったのか?どうしたら良かったのか?どこで間違ったのか?ということでオースト…

【19曲目】High Rise (Cross Record)

すごく良い。今年の1月のリリースだったのでライブラリには既に入っており、すごく良いマークまで付いてたんですが存在を忘却しており、シャッフルで流れてすごい良さだということになり取り上げることになりました。基本的にはフォークなんですがVUやCANと…

【18曲目】Player (夏木マリ)

皆さん、シンガーとしての夏木マリがこんなにカッコいいって知ってましたか?私は知りませんでした。ゆとりなので。別の楽曲で本人も歌詞で言及していますが、和製ジャニス・ジョップリンとでもいうべきしゃがれ声がめちゃくちゃカッコいい。夏木マリさんに…

【17曲目】I So Like Spring (Linda Smith)

フランスのとあるDJ2人が60s〜70sのシングルリリースだけされているフォークだけを集めたコンピレーションで、フランスのブティックだけで売られていたものがなぜかオーストラリアのレーベル主に発掘されて広くリリースされたという、遥か遠く東洋の青年に聞…

【Report】Summer Sonic 2016

行ってきましたSummer Sonic 東京でのサマソニは昨年に続いて2度目。去年のほうが混んでた気がします。 時間経過 WEEZER Underworld Asgeir dinosaur Jr. Mathew Harbart Animal Collective Metafive King (サカナクション) Radiohead 詳細 WEEZERはリヴァ…

【16曲目】Spritual Alliance (Hieroglyphic Being)

良〜〜!Warpフリークの皆さん、これはWarpではありませんが、イキのいいIDMの新譜ですよ。このジャンル、大物のリリースが続いて活気があるように見えますが、個人的にはみんな置きにいってて面白くないなと思ってたので、こういう攻めた作品があるとついテ…

【15曲目】Get To Know Ya (Nao)

良いな〜と思ってたらめちゃくちゃイギリスで流行っとるやんけ!と驚きました、ロンドンのシンガー/プロデューサーであるNAOさんのデビューアルバムから1曲。どれぐらいイギリスで人気かというと、デビューアルバムのリリース前にグラストンベリーに出てたり…

【14曲目】Big Cat (Wild Beasts)

この人らアルバムを追う毎に良くなっていきますね。Wild Beastsはイギリスの4人組ロックバンドで、ちゃんと調べたら2006年にデビューなのでもう十年選手か。2014年の前作・Present Tenseで凡百なインディロックバンドを抜け出した感じはありましたが、通算5…

【13曲目】On My Name (Kllo)

メルボルン出身の2人組だそうです。歌モノエレクトロニカ。音の選択とか元々の作り自体はエレクトロニカっぽいんだけど、メロディやコーラスワークにR&Bのテイストも感じられたりして面白いです。 Well Worn [12 inch Analog] アーティスト: Kllo 出版社/メ…

【12曲目】Plastic Plant (Thee Oh Sees)

サマソニが終わったんでここもネタ切れですね。元からネタなんてあってないようなものでしたが。さて、ジ・オー・シーズの先日の新譜からです。これも調べたらあんまり日本語の紹介が無いんで書かないといけないですね。この人ら僕が思ってたよりずっとキャ…

【11曲目】The Wagon (Dinosaur Jr.)

はい。サマソニ2日目ですね。今日とりあげるダイナソージュニアは1日目と2日目の間の深夜なのでこの記事が公開される頃には事後というわけになりますが、いまこれを書いて予約投稿を仕込んでる時点では事前なのでセーフです。はてさてこのバンドもインディフ…

【10曲目】Live It Up (Pop Etc)

はい、とうとうサマソニ当日です。音速で夏が駆け抜けていきますね。今日はポップ・エトセトラさんをご紹介します。今年に新譜が出ているようですが例によってそれではなく自分が一番気に入ったアルバムからの一曲です。ちなみに、彼らはなんでも日本がとて…

【9曲目】Run Or Hide (Run River North)

いやめちゃくちゃ良いものを発掘しました。サマソニ公式サイトの出演アーティスト一覧を見ていて何となく面構えが気になって、アー写が全員アジア人なので邦楽枠かなーと思って聞いてみたんですが、非常に流暢な英語だったのでハテナ?となり調べたところ、…

【8曲目】Mirror Maru (Cashmere Cat)

皆さん、ここ数回は今年のサマソニ出演アーティストしか取り上げてないのに気付いていましたか? ということで今回もサマソニ出演アーティストである、DJ/コンポーザーのカシミア・キャットさんの一曲「Mirror Maru」をご紹介。いや〜エレクトロニカですね。…

【7曲目】Roses feat.ROZES (The Chainsmokers)

Summer Sonic 2016で来日予定のDJユニット。EDM界での評価が高くその手のフェスに引っ張りダコなうだそうですが、楽曲としては一般的なEDMよりもうちょっとエレクトロニカのフィーリングを感じさせるオシャレさがあります。もちろんベタベタにEDMだなーって…

【6曲目】Ex's & Oh's (Elle King)

エル・キングはアメリカのシンガーで、今回とりあげたEx's&Oh'sを含む今年のアルバムでデビュー、そしてSummer Sonic2016にも出演予定。めちゃくちゃブルージーなしゃがれ声が特徴的な彼女ですが、バックボーンにあるのはカントリーで、しかしながらアルバム…

【5曲目】Shaolin Monk Matherfunk (Hiatus Kaiyote)

Hiatus Kaiyote(ハイエイタス・カイヨーテ)はオーストラリア出身のフューチャー・ソウル・バンド。フューチャー・ソウルとか言われてもオッさんにはわからないのでネオソウルの亜種ということにしておきたいですが、しかし単純にネオソウルなのかというとそ…

【4曲目】Everyday Is Like Sunday (Morrissey)

先日とうとう来日公演が決まったモリッシーより、Every Day Is Like Sundayを。モリッシーといえばインディミュージックラバー必携の1人という立ち位置を確立している数少ないミュージシャンの1人で、もはや説明不要なような気もしてきますが、そんな立ち位…

【3曲目】So Far To Go ft.Common & D'angello (J.Dilla)

前回に引き続いてネオソウル人脈を掘り掘り中。調べれば調べるほどこのJ.Dillaさんはレジェンダリーな人のようで、2006年に32歳で早逝した後も未発表音源がいろいろとリリースされており、今年もつい先日新たなアルバムがリリースされているみたいですが、今…

【2曲目】Be Here (Raphael Saadiq)

ディアンジェロとかプリンスが好きなので何聞いたらいいのか調べてたら、どうやらネオソウルとやらを聞けとの話でしたのでそのようにした結果見つかったのがこのRaphael Saadiq(ラファエル・サディーク)でした。 このジャンルはまだまだ勉強中ですが、ともす…

【1曲目】ものがたりは今日はじまるの feat.サンボマスター (吉澤嘉代子)

J-waveでよくかかってて、最初は懐メロの類が流れてるのかなとか思ってたんですが、何回か聴いてるうちに忘れられなくなって調べた結果、サンボマスター山口隆の作曲だとわかって納得。2016年にまさかこんなのが聞けるだなんて思ってなかったので本当にビッ…

【0曲目】このブログについて (最終更新:2016/09/25)

このブログについて 「今日の1曲」と題し、私がその日のうちに聞いた曲を1曲ずつ紹介していきます。なるべく毎日更新したい気持ちはあります。とりあげる楽曲のジャンルについては、短期的には偏りがあるかもしれませんが、長期的に見ればなるべく色々なもの…