読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これさえ聞いときゃ間違いない!今日の1曲

聞くものに悩んだらこれを聞け

【75曲目】Tight Connection to My Heart (Bob Dylan, 1985)

僕と振り返るボブ・ディランの歩み

 なんというか... これは非常に筆舌にしがたいというか、独特の風味があるというか、端的に言うとダサいですね。この曲が収録されたEmpire Burlesqueが1985年のリリースなんですが、80'sのボブ・ディランの音に何か聞くべきものがあるかというとかなり疑わしいと個人的に思っていて、そりゃ彼のバイオグラフィーにまでゴリゴリに掘り下げて聞きたい人は聞くのでしょうが、僕なんかはこの企画で紹介するために彼のディスクグラフィーを1枚ずつ聞いて行ってチェックをつけていくと80'sと90'sにはほぼチェック無しという具合になってしまいまして、慌てて何かしら話題性のある曲やアルバムがないかと探してみたところこの曲にキャッチーな話題があったというただ単にそれだけの話で紹介しとります。つっても、そのキャッチーな話題っていうのもせいぜい以下の引用程度の話なのですが。

「タイト・コネクション」はシングル・カットされ、プロモーション・ビデオも制作された。依頼したポール・シュレイダーの意向で、1985年4月20日密かに来日し、約一週間をかけてその撮影を東京で行った。六本木、赤坂、新宿でロケが行われ、倍賞美津子沢田研二佐野元春岩崎宏美らが出演したようだが、完成したものには倍賞美津子のみ見ることができる。しかし、ディランもシュレイダーも満足したものにはならなかったようである。

誰も幸せになっとらんやんけ!西側世界に広がりはじめた冷戦末期の浮かれムードのなかでも最も軽薄で激しいバブル前夜の日本。そんなのとボブ・ディランがハマるわけない。いま事後的に翻って考えてみれば自明の理ではありますが、当時手探りのなか一応やってみたのは本当に立派です。ただ、隠遁するならこのタイミングだったのではないでしょうか。よくこの時期に本格的にアーティスト生命を絶たれなかったなと思います。

 

Empire Burlesque

Empire Burlesque