読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これさえ聞いときゃ間違いない!今日の1曲

聞くものに悩んだらこれを聞け

【60曲目】FloriDada (Animal Collective,2016)

そういえばこれも自分のなかでは年間ベスト候補です、ということで今年2月にリリースされておりました、Animal Collectiveのじつに10枚目となりますアルバム「Painting With」より、リードトラックであり、フロリダとダダイズムをかけた「FloriDada」をご紹介。MVにしても曲にしても相変わらずこの人らはぶっ飛んでるなと気持ちよく聴いてきたのですが、この記事を書くために色々と市井の人々の感想などを聴いていると、このアルバムは特に従来のファンからの評価が芳しくないみたいですね。いわく、脱インディー化してセルアウトしようとしてるだとか何だとかみたいな声をよく聞きますが、はっきり言ってこれがセルアウトしてたらさすがにアメリカはトガりすぎです。まあToolがバカ売れするような国ですから何が売れても不思議じゃない度量みたいなのはありますが…。肝心の音や歌詞も、たしかに従来と比べれば多少はメロディアスだったりしてよりマスに向いたものになった感じは否めなくはありませんが、そもそも元々がハチャメチャな方向を見てきた人たち、というかそもそも目線以前に焦点も狂っててどこを見てるとかそういうレベルじゃないんだけど、メンバー全員が似たようなキマり具合で狂ってるので成立しているとでも言うべき音を出してきた方々なので、ちょっとやそっと目先を変えたところで彼らのそのハチャメチャさが喪失してしまっているとは私は微塵も思いませんし、このレベルの変化でそこそこ嫌がられるってどれだけコアなファンばっかなんだよとも思いますがどうでしょうか。その手のファンがややこしいのは別に日米問わずそうなんだなっていうお勉強にもなりましたが。とは言え、確かにPitchforkとその読者たちのアイコンとも言うべき彼らが、少しだけそういった所から距離を置こうとしたことにリスナーが大きく動揺してしまうのは、Animal CollectiveがこれまでU.Sインディの世界で負ってきた役割がいかほどに大きなものだったかの何よりもの証左だとも言えます。ただ、自分はそういうところに別にアイデンティティまで委ねてるわけではないので、単純に音として面白ければそれで良いというか、コンテクストによって評価が上がることはあっても下がることはないタイプのリスナーなので、純粋に彼らのこの大傑作を楽しめているというわけでありまして、ぜひ皆さまにもこの狂った音楽をシェアしたくなった、という単純にそれだけの話なのでありました。

 

Painting With

Painting With